Mika SHIMAUCHI | しまうち みか

Biography

2013 崇城大学大学院芸術研究課修士課程彫刻専攻修了

アーティストインレジデンス
2019 「Tokyo Arts and Space 」国内制作交流プロジェクト東京 両国
2018 「Tiger House」上海 中華人民共和国
2018 「Vermont studio center」バーモント アメリカ

個展
2018 「Big Romance」Shun Art Gallery 上海
2018 「境界線からみえる風景」WHITE SPACE ONE 福岡
2018 「博多阪急ARTCUBE」 博多阪急 福岡
2017 「しまうちみか個展」ガレリア・グラフィカbis 東京
2016 「DOG ~猟師よ、ここは私のテリトリー~」なかお画廊 熊本
2012 「Lesson」 つなぎ美術館二階 U 39プロジェクト 熊本
2012 「ABOUT A TREE」Lionel Wendit Gallery コロンボ スリランカ

グループ展・企画展
2018 「若葉集Group Exhibition of Young Artists from Japan」成都藍頂美術館 成都 中華人民共和国
2018 「蔵書票展」「pet pet art 展」なかお画廊 熊本
2018 「高瀬蔵彫刻展」玉名 高瀬蔵 熊本
2018 「BARRAK アンデパンダン : 生き抜くために、創るのだ。」 BARRAK 沖縄
2018 「Small Works 2018 」ガレリア・グラフィカbis 銀座 東京
2018 「草原小品展 立体の部」ギャラリーKINGYO 千駄木 東京
2018 「博多阪急7周年記念 ARTBODYgallery」博多阪急 福岡
2017 「私の意中の画家展」ギャラリー枝香庵 銀座
2017 「アワガミ国際ミニプリント展」いんべアートスペース及び一般財団法人阿波和紙伝統産業会館 徳島
2017 「未来美展」 天文館公園 鹿児島
2016 「Derby展」ギャラリーKINGYO 千駄木 東京
2016 「アートフェアアジア福岡 AFAF AWARDS 2016」
2016 「博多阪急秋の学園祭 ART CUBE熊本・大分アーティスト特集」博多阪急 福岡
2016 「アミュプラザ鹿児島 KTSアートマーケット」 鹿児島中央駅
2015 「菊池龍門まつり第1弾アートフェスin龍門」招待作家
2014 「お菓子の香梅アートアワード巡回展」 熊本県の帯山、人吉、菊池、光の森各店舗を巡回
2013 「Famme Fatale」Shun Art Gallery 上海 中華人民共和国
南嶌宏氏によるキュレーション 中国2名、韓国2名、日本2名、イスラエルの作家1名が出品
2012 「九州アート全員集合展」熊本市現代美術館 G3 若手作家を九州各県一名作家を選出

アートフェア
2018 「3331アートフェアー」3331千代田 東京
2018 「アートフェアアジア2018」ホテルオークラ 福岡

Impression

 Most of my works were made by clay. I tried to express the reality of our world by sculpture. I am interested in “the view of life and death”. It is my basic theme for the past few years.
 
I feel that it is difficult to feel the reality in this society. For example, The Foods in supermarket store, which we can get without realization where these came from. I have seen a hunting of a deer. That time I make sense that the meat that I was putting in my mouth had alive. That sense is important to know who we are. But we can live in this world without such a sense.
 
It is strange for me. So I am trying to touch the reality of this world, and I’d like to leave a trace of my touch. The clay can touch directly by hands. It calls up my childhood. My works will be able to show the touch of reality in our world.
 
by Mika SHIMAUCHI